ボウタイのキルト

ひとつタペが出来て(いえ、まだトーションレース待ちですけど)、キルト熱が冷めぬうちに次の作品に入ろうと思いました。キルトをする方なら好きなパターンってありますよね。私の好きなパターンは、おばあさんの花園、オハイオスター、スプール(糸巻き)、ボウタイ、ピンウィール(風車)などです。オハイオスターはずっと前に小さい作品を作ったことがあり、おばあさん・・・は熟成中(このやりかけを進めるべきなのでは、という話もありますが)。残りの3つは作ったことが無いので、この中から何か形にしてみよう、と考えました。あとは、色。カテドラルは水色のグラデーションでほんわかした感じにしてみたので今度は違う感じで。復刻版のUSA布を使ったカラフルなのも最近良く見かけて、かわいいなぁ~とも思うし。なんとなくイメージが固まらないまま、何か参考になるものはないかしら?と、本を眺めたりネットを彷徨ってみると、ボウタイのキットを発見。アメリカンカントリーではないカントリー調で、大人っぽく落ち着いた色合い。写真が小さく細部まではわからないけれど、何かビッ!とくるものがあり、直ぐにオーダーしました。
d0032736_1145659.jpg届いたキットにセットしてある布の色合いを実際に見ると、エンジ、モスグリーン、濃いベージュ、黒・・・と非常にジミ。私が手芸店で見かけても、素通りしてしまう布のオンパレード。もちろん手持ちにもない色合いばかり。土台布もうす~いブラウンです。「・・・これは可愛くなるの?」とちょっと不安に駆られつつも早速作ってみることに。これが、「おお~!いい!可愛らしいゾ!」なのです~。絶妙のシブ可愛らしさ。土台布とのコンビがまた、いいんです。かなり新鮮で、楽しみな作品になりそうです。
[PR]
# by uta-kako | 2005-05-15 11:50 | キルト | Comments(2)

もう少しなのに

スカラップの型紙、2度目になんとか気に入った形のものができて、さっき、キルト部分と縫い合わせました。わぁー、いい感じだわ~!(自分で言っちゃう。) 後は、縫い合わせ部分にトーションレースを縫いつけ、裏布を付けるだけ、なのですが、トーションレースが来ない・・・。はやく仕上げたいなー。
[PR]
# by uta-kako | 2005-05-12 17:39 | キルト | Comments(0)

あれこれと

カテドラルのタペの窓が全面埋まりました。さて、あとはスカラップを付けるだけ~と、型紙を作ろうとしたところ、あ、あれ?実物大型紙がないよ・・・。このタペはこうの早苗さんの本を参考に作っているのですが、この作品だけ実物大型紙がないようです。今ごろ、気づきました。あわてて仕舞ってあるコンパスを出したり、本を食い入るように眺めたりして、それらしいものができましたが自信がないので試しに一辺だけ作って様子を見ることにします。

ネットをうろうろしていたら、素敵なレース編みの作品を載せている個人サイトを見つけました。ウットリと拝見していたら、方眼編みの作品に対して、「方眼編みは何度編んでも長編みの編み方が悪くて、縦が短くなるので、2段足して編むようにしている・・・」とありました。おおー!こんなに上手な人でも縦が短くなっちゃうんだー!と大変ウレシク、少しホッとしました。(2段足して・・・の意味は全くワカラナイ。いえ、意味は解るけどやり方が解らない。ま、それはおいおい・・・)

気が早い私は、もう「次のキルト何を作ろうかな~」と考え中。そろそろステッチもしたいし、ネットでぬいぐるみ用ジョイントもオーダー済み、と、なんだかあれこれと落ち着かないです。
[PR]
# by uta-kako | 2005-05-09 15:53 | その他 | Comments(0)