また、山菜採り

昨日の午前中、仲良し酪農家奥様Aさん、Cさんから山菜採りに誘われ、また行ってきました。場所は完全な山の中。身長以上の笹をかき分けていきます。もちろん、道はないので、Aさんのお父様に道案内をお願いしました。お父様は酪農を引退したあと、趣味の山歩きをしている推定年齢75歳。鍛え方が違うので、途中「おじいさ~ん、待ってぇ~!」とお願いするほど、スタスタ行ってしまいます。もう、今シーズン何度も行ってらっしゃるようで、ところどころの木に蛍光ピンクのテープで目印がついていました。Cさんは大の山菜好きで、お嬢さんが小さかった頃、そりゃあ毎日山菜を採りに行き、食事に出すので、「お母さん、うちは野菜もスーパーで買えないほどビンボーなの?」と泣かれた、という切ない?エピソードをお持ち。この季節になると朝の牛舎仕事も早く山に出かけたくて、集中できない!という筋金入り。 
採取場所は私たちが毎年行く、「ギョウジャ畑」と呼んでいるところで、もうわっさわさギョウジャニンニクが生えています。近くの演習場でやっている実弾射撃訓練のドーン、ドーン、スバババババ~を聞きながら、私はヤチブキを中心に採っていきました。ヤチブキはお浸しや天ぷらが美味しいんです。

地方のホームセンターにはこの時期、山菜取り用品がいろいろ置いてあり、その中に山菜ザックというのがあります。まあ、帆布で出来た普通のザックなのですがサイズに「中、大、特大」があるんですね。Cさんは、もちろん「特大」ザック。昨年、たけのこ採りにご一緒したとき、特大ザックパンパンに詰めて、さあ帰りましょうか、とザックを背負うとしたけど重くて立ち上がれなかった、というもう大笑いしたエピソードもお持ち。ザックなどは、使っていないディパックなどで代用可ですが、あったら便利!なのが「山菜エプロン」。私も持ってます。
d0032736_9435019.jpgd0032736_9473489.jpg







ウサギ印がカワイイ。
これを腰につけると、両手が開いて便利。
お昼におにぎりを食べて、帰って来ました。笹を抜けて舗装道路に出ると、毎回ホッとします・・・。
[PR]
# by uta-kako | 2005-05-18 10:00 | その他 | Comments(0)

ボウタイのキルト

ひとつタペが出来て(いえ、まだトーションレース待ちですけど)、キルト熱が冷めぬうちに次の作品に入ろうと思いました。キルトをする方なら好きなパターンってありますよね。私の好きなパターンは、おばあさんの花園、オハイオスター、スプール(糸巻き)、ボウタイ、ピンウィール(風車)などです。オハイオスターはずっと前に小さい作品を作ったことがあり、おばあさん・・・は熟成中(このやりかけを進めるべきなのでは、という話もありますが)。残りの3つは作ったことが無いので、この中から何か形にしてみよう、と考えました。あとは、色。カテドラルは水色のグラデーションでほんわかした感じにしてみたので今度は違う感じで。復刻版のUSA布を使ったカラフルなのも最近良く見かけて、かわいいなぁ~とも思うし。なんとなくイメージが固まらないまま、何か参考になるものはないかしら?と、本を眺めたりネットを彷徨ってみると、ボウタイのキットを発見。アメリカンカントリーではないカントリー調で、大人っぽく落ち着いた色合い。写真が小さく細部まではわからないけれど、何かビッ!とくるものがあり、直ぐにオーダーしました。
d0032736_1145659.jpg届いたキットにセットしてある布の色合いを実際に見ると、エンジ、モスグリーン、濃いベージュ、黒・・・と非常にジミ。私が手芸店で見かけても、素通りしてしまう布のオンパレード。もちろん手持ちにもない色合いばかり。土台布もうす~いブラウンです。「・・・これは可愛くなるの?」とちょっと不安に駆られつつも早速作ってみることに。これが、「おお~!いい!可愛らしいゾ!」なのです~。絶妙のシブ可愛らしさ。土台布とのコンビがまた、いいんです。かなり新鮮で、楽しみな作品になりそうです。
[PR]
# by uta-kako | 2005-05-15 11:50 | キルト | Comments(2)

もう少しなのに

スカラップの型紙、2度目になんとか気に入った形のものができて、さっき、キルト部分と縫い合わせました。わぁー、いい感じだわ~!(自分で言っちゃう。) 後は、縫い合わせ部分にトーションレースを縫いつけ、裏布を付けるだけ、なのですが、トーションレースが来ない・・・。はやく仕上げたいなー。
[PR]
# by uta-kako | 2005-05-12 17:39 | キルト | Comments(0)