<   2005年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

家仕事いろいろ

今日もいい天気。仕事が休みの夫と朝からコマゴマと家仕事をしました。まず、モサモサドロドロ犬を半年振り(!)に、シャンプー。次に、今日メインのデッキのペンキ塗り作業へ。

d0032736_1724884.jpgd0032736_17244748.jpg










塗る前                           塗った後

2年に一回塗っているのですが、毎年したほうがいいようです。ここに犬を上げるせいもあり、かなり剥げていました。犬小屋も同じ色で塗ってあるので、犬小屋も塗りなおしました。
その後、畑に植える葉物野菜の種を蒔いて、午前は終了。おにぎりを作っておいたので、庭先で食べました。午後は、ズルズルと換えていなかった(ひどい・・・)私の車のタイヤ交換を今頃して、洗車を。洗車、熱心にする人いますよね。私はキッパリと年2回。タイヤ交換のときのみです。(威張ることではないですが)
ようやく、家でのんびり・・・もう夕方です。夕食、何にしよう?
[PR]
by uta-kako | 2005-05-31 17:47 | その他 | Comments(4)

進み具合

連日いい天気が続いています。日焼け止めをしっかり塗って、例の畑にジャガイモの種芋と、いただきもののタマネギの苗を植えました。が、まだ畑は三分の二が空いたまま。少しずつ、なにか植えなくては。
d0032736_16253957.jpg


ステッチ、割と進みました。フレメのキット№30-5819ですが、№30-5820と並べて一枚の布に刺すつもりです。

d0032736_16305833.jpg



ばあちゃん猫2匹、日の射すリビングで一日中、爆睡。本当に猫って、よく寝ますよね~。
[PR]
by uta-kako | 2005-05-29 16:38 | クロスステッチ | Comments(4)

畑が・・・

ビニールハウスと、その横の畑。両方とも、実際の大きさは小さいんです。ハウスは4畳ほど。苗を6種類植えられる程度。畑は2畳ほど。葉物野菜少々。2人暮らしだし、手入れをするのは私だけなので、これ位の広さが限界でしょう。・・・と、思っていたのですが、何故か夫が知り合いの酪農家さんにお願いして、横の土地(草ボーボーの荒地)をおこしてもらったのです。「畑が増えたよ。良かったね~!」って嬉しそうに言う夫。

d0032736_15245653.jpgスゴイことになってます。ゆうに、25メートルプール位の広さ。ど、ど、どうしよう・・・。今までは、その小ささから、畑おこしはクワ、もしくは家庭菜園用耕運機を知り合いからお借りしてやっていたのですが、これはマイ耕運機を購入しなくては。なんだか大事になってきたわ。いずれにしても、今年はおこしたばかりで土が肥えてないので、やせた土地でも大丈夫なジャガイモを植えようかな。

d0032736_1534271.jpgなんだか、いろいろすることが増えてきたので、せっかく始めたクロスステッチもどうなることか・・・。カレンダー計画の布がいつになるかわからない、と言われちゃっているので、キットを始めました。夏前に完成させるのが一応の目標。
[PR]
by uta-kako | 2005-05-25 15:44 | その他 | Comments(0)

ビニールハウス

ここ3日ほどいい天気が続いているので、畑をおこし、肥料を混ぜ込んだりしました。そして昨日、夫に手伝ってもらってビニールハウスのビニールを張りました。
d0032736_10164040.jpg
ハウスの骨組みはそのままで、ビニールだけ、毎年張り替えます。とても風が強い地域なので、ビニールが飛ばされないよう、枕木に固定します。「ワインの入っていた木箱にミントやルッコラ、ワイルドベリーを植えて。イングリッシュローズがいい香り・・・」(私のオシャレガーデニングイメージ・・・。)なんていうのに非常に憧れますが、家はオシャレ感一切なし。軽く農家さん風味さえ漂います。ハウスの横に、路地栽培用の畑もおこしました。6月に入ったら、苗を植えつけようと思います。
d0032736_10172859.jpg
気象庁による桜の開花宣言、されていないのは私の住む地域だけとなったようです。でも家のミニ桜は咲きましたよ!嬉しい~
[PR]
by uta-kako | 2005-05-23 10:41 | その他 | Comments(2)

カテドラルウインドウのタペ 完成

出来ました~!カテドラルウインドウのタペストリー。(「パッチワークにシルクと花柄」こうの早苗 文化出版局 参考) 85cm×85cmで、本ではテーブルセンターとして紹介してあったものです。
d0032736_10425482.jpg

d0032736_10444993.jpg
こうの早苗さんはスカラップがお好きとみえて、この本の作品の大半も周囲が丸々・・・となっていて、とても可愛らしい。私はスカラップを作るのが初めてだったので(型紙も無いし)、結構大変でした。ベットカバー位の大きさだとスカラップの「切れ込み」が浅くてもいいんでしょうが、これ位のサイズだと、ある程度深いほうが可愛く見えます。が、深すぎると布を表にしたとき糸がつっちゃうんですね。何かコツでもあるんでしょうけど、この辺の加減が私には難しかったです。

d0032736_10521624.jpg
裏布はこんな。トーションレースを2種類重ねて、ミシンの縫い目を隠しました。

d0032736_10533727.jpg
こんな風に、敷いてみたかったんで~す♪
 
[PR]
by uta-kako | 2005-05-19 11:02 | キルト | Comments(2)

また、山菜採り

昨日の午前中、仲良し酪農家奥様Aさん、Cさんから山菜採りに誘われ、また行ってきました。場所は完全な山の中。身長以上の笹をかき分けていきます。もちろん、道はないので、Aさんのお父様に道案内をお願いしました。お父様は酪農を引退したあと、趣味の山歩きをしている推定年齢75歳。鍛え方が違うので、途中「おじいさ~ん、待ってぇ~!」とお願いするほど、スタスタ行ってしまいます。もう、今シーズン何度も行ってらっしゃるようで、ところどころの木に蛍光ピンクのテープで目印がついていました。Cさんは大の山菜好きで、お嬢さんが小さかった頃、そりゃあ毎日山菜を採りに行き、食事に出すので、「お母さん、うちは野菜もスーパーで買えないほどビンボーなの?」と泣かれた、という切ない?エピソードをお持ち。この季節になると朝の牛舎仕事も早く山に出かけたくて、集中できない!という筋金入り。 
採取場所は私たちが毎年行く、「ギョウジャ畑」と呼んでいるところで、もうわっさわさギョウジャニンニクが生えています。近くの演習場でやっている実弾射撃訓練のドーン、ドーン、スバババババ~を聞きながら、私はヤチブキを中心に採っていきました。ヤチブキはお浸しや天ぷらが美味しいんです。

地方のホームセンターにはこの時期、山菜取り用品がいろいろ置いてあり、その中に山菜ザックというのがあります。まあ、帆布で出来た普通のザックなのですがサイズに「中、大、特大」があるんですね。Cさんは、もちろん「特大」ザック。昨年、たけのこ採りにご一緒したとき、特大ザックパンパンに詰めて、さあ帰りましょうか、とザックを背負うとしたけど重くて立ち上がれなかった、というもう大笑いしたエピソードもお持ち。ザックなどは、使っていないディパックなどで代用可ですが、あったら便利!なのが「山菜エプロン」。私も持ってます。
d0032736_9435019.jpgd0032736_9473489.jpg







ウサギ印がカワイイ。
これを腰につけると、両手が開いて便利。
お昼におにぎりを食べて、帰って来ました。笹を抜けて舗装道路に出ると、毎回ホッとします・・・。
[PR]
by uta-kako | 2005-05-18 10:00 | その他 | Comments(0)

ボウタイのキルト

ひとつタペが出来て(いえ、まだトーションレース待ちですけど)、キルト熱が冷めぬうちに次の作品に入ろうと思いました。キルトをする方なら好きなパターンってありますよね。私の好きなパターンは、おばあさんの花園、オハイオスター、スプール(糸巻き)、ボウタイ、ピンウィール(風車)などです。オハイオスターはずっと前に小さい作品を作ったことがあり、おばあさん・・・は熟成中(このやりかけを進めるべきなのでは、という話もありますが)。残りの3つは作ったことが無いので、この中から何か形にしてみよう、と考えました。あとは、色。カテドラルは水色のグラデーションでほんわかした感じにしてみたので今度は違う感じで。復刻版のUSA布を使ったカラフルなのも最近良く見かけて、かわいいなぁ~とも思うし。なんとなくイメージが固まらないまま、何か参考になるものはないかしら?と、本を眺めたりネットを彷徨ってみると、ボウタイのキットを発見。アメリカンカントリーではないカントリー調で、大人っぽく落ち着いた色合い。写真が小さく細部まではわからないけれど、何かビッ!とくるものがあり、直ぐにオーダーしました。
d0032736_1145659.jpg届いたキットにセットしてある布の色合いを実際に見ると、エンジ、モスグリーン、濃いベージュ、黒・・・と非常にジミ。私が手芸店で見かけても、素通りしてしまう布のオンパレード。もちろん手持ちにもない色合いばかり。土台布もうす~いブラウンです。「・・・これは可愛くなるの?」とちょっと不安に駆られつつも早速作ってみることに。これが、「おお~!いい!可愛らしいゾ!」なのです~。絶妙のシブ可愛らしさ。土台布とのコンビがまた、いいんです。かなり新鮮で、楽しみな作品になりそうです。
[PR]
by uta-kako | 2005-05-15 11:50 | キルト | Comments(2)

もう少しなのに

スカラップの型紙、2度目になんとか気に入った形のものができて、さっき、キルト部分と縫い合わせました。わぁー、いい感じだわ~!(自分で言っちゃう。) 後は、縫い合わせ部分にトーションレースを縫いつけ、裏布を付けるだけ、なのですが、トーションレースが来ない・・・。はやく仕上げたいなー。
[PR]
by uta-kako | 2005-05-12 17:39 | キルト | Comments(0)

あれこれと

カテドラルのタペの窓が全面埋まりました。さて、あとはスカラップを付けるだけ~と、型紙を作ろうとしたところ、あ、あれ?実物大型紙がないよ・・・。このタペはこうの早苗さんの本を参考に作っているのですが、この作品だけ実物大型紙がないようです。今ごろ、気づきました。あわてて仕舞ってあるコンパスを出したり、本を食い入るように眺めたりして、それらしいものができましたが自信がないので試しに一辺だけ作って様子を見ることにします。

ネットをうろうろしていたら、素敵なレース編みの作品を載せている個人サイトを見つけました。ウットリと拝見していたら、方眼編みの作品に対して、「方眼編みは何度編んでも長編みの編み方が悪くて、縦が短くなるので、2段足して編むようにしている・・・」とありました。おおー!こんなに上手な人でも縦が短くなっちゃうんだー!と大変ウレシク、少しホッとしました。(2段足して・・・の意味は全くワカラナイ。いえ、意味は解るけどやり方が解らない。ま、それはおいおい・・・)

気が早い私は、もう「次のキルト何を作ろうかな~」と考え中。そろそろステッチもしたいし、ネットでぬいぐるみ用ジョイントもオーダー済み、と、なんだかあれこれと落ち着かないです。
[PR]
by uta-kako | 2005-05-09 15:53 | その他 | Comments(0)

方眼編み

初めてレース編みが(たとえヨレヨレでも)形になったので、「はじめてのレース編みBook」(主婦と生活社)をレース編みの教科書に決め、少しずつ練習することにしました。今日は、四角のコースターです。いきなり来ました、方眼編みです。私のレース編みの目標としてⅠ、方眼編みのマルチカバーを作りたい Ⅱ、布の縁につけるエジングレースを作りたい Ⅲ、ポットホルダーを作りたい・・・があります。その方眼編みでコースターを作る、というのです。
d0032736_15172517.jpg
バラのモチーフだそうですが、「そう言われれば見えなくもない」・・・(微妙)。でも、昨日のコースターよりはいい感じに思えます。ヨレ具合が少ない気がします。しかし、教科書の出来上がりは確かに正方形になっているのに、私のは横長。これは一体??糸の引き方に問題があるのかしら。使っている糸の太さが教科書と違うから?(おそらく前者) まぁ、しかし、また形になったことだし、良しとしよう。

今日、雪が降っているんですよ。夕べも寒くてお鍋の夕食にしました。今夜は何にしよう・・・。
[PR]
by uta-kako | 2005-05-07 15:46 | その他 | Comments(2)