カテゴリ:キルト( 12 )

ウールのキルト

d0032736_1371540.png


d0032736_1382622.png

お正月に繋げていたウールのキルト…パッチワーク?が出来ました。手持ちのウール布のみでどんどん繋げていったら、予定のひざ掛けサイズを超えてベッドカバーサイズになりました。


d0032736_1312333.png3年前の父の七回忌法要の後、母が、ここで一区切りとして父の遺品を整理したい、と言い出しました。その中でウールのパンツ(…スラックスかしらね?)が沢山出てきました。父は着道楽、特に帽子好きでパンツとお揃いの生地でオーダーメイドで揃えたりしていました。そのパンツと帽子を捨てるには惜しい…どうしたらいいかしら、と母が言うので、パンツだけ数本貰ってきました。今回、そのうちの何本かとマフラーをこのキルトに使いました。この写真の2本は余り~また今度何かにリメイクしよう。


d0032736_13485075.png裏布はサイズが大きくなったため、新たに用意しました。マスタード色のプードルニットです。ところどころに布のズレ防止に、ターコイズ色の毛糸でタフティングをしました。周囲はウールのメートラインで縁どりしました。
ちょっと渋可愛い感じになったわぁ~と自己満足しております。


d0032736_13574646.png

寝室にお雛様を飾りました。華やかでいいものです~。
リビングにも飾りたくて、豆雛を探しているのですけれど、好みのお顔のお雛様がなかなか見つからないです。気長に探そう。
[PR]
by uta-kako | 2015-02-11 14:11 | キルト | Comments(6)

久しぶりのキルト完成

2ヵ月半もブログを書かずにいました。特に何があったわけでもないのですが、「クロスステッチブログ」なので、そのステッチをしていないとブログに寄り付くことも出来ず。ネットからも離れていました。さいはて地方も漸く桜の開花宣言が出され、これからが楽しい良い季節の始まりです。
恒例の春の行事、アサリ堀り、ぎょうじゃにんにく採りも楽しみ、これから畑をおこそうかな~というところです。3月に降った湿った重い雪で、ビニールハウスの骨が一部曲がってしまい、今シーズンはハウスはお休み…露地栽培で出来る葉物を少し作ろうと思っています。


d0032736_13324015.gif
この頃は作りかけのキルトを仕上げてしまおうと、キルティングを頑張っていました。というのも新しいキルトを始めたくなったからで…
流石に作りかけを増やすのも気が引けるので、一つ完成させてから、と。

d0032736_13401344.gif


d0032736_13404228.gif


d0032736_1341076.gif
縦130cm×横100cmの大きさです。ベッドスプレッドにしたかったのですけれど、挫けてあっさり終了としました(笑)。
初めてキルト芯にシンサレートを使ってみましたが、キルティングもっこもこ!これはいいですね!

d0032736_13472624.gif


キルティングはちゃぶ台で。すぐに邪魔に入る猫その1。
ど~い~て~。

d0032736_13483726.gif


出来上がったキルトは早速、毛だらけになり、猫キック連発でキルティングの糸が攣れてきていますが、まぁそんなものですよね。
気に入ってくれたのなら本望ですわ。

[PR]
by uta-kako | 2012-05-14 13:56 | キルト | Comments(8)

好き活動3・4日目

昨日、今日は長いこと作りかけで止まったままだった、キルトのバスケットを完成することができました。

d0032736_15341773.jpg

バスケットの側面は三角つなぎです。斉藤謠子さんオリジナルのえんじ色の布に、手持ちの茶系の布を繋ぎました。この状態で3年ほどが経過していました・・・。



d0032736_15343062.jpg昨日はキルト部分を外布、内布と縫い合わせ、間に厚紙にキルト芯を貼ったものを挟み、箱状に組み立てる作業をしました。厚紙にはカルトナージュに使うような紙が良かったのですが持っていないため、キルトの型紙用に普段からとって置いたメール便の厚い封筒を3重にしたものを使用しました。ここまでで3日目は終了です。



d0032736_15344669.jpg
夜になって、ふと部屋を覘くと黒い方のおばあちゃんが出来た箱の中に・・・!!しかも彼女の体重(やや小太り)にメール便厚紙がグンニャリとたわんでいるではないかっ!くつろいでいる場合じゃないわよ、おばあちゃんっ!すぐに強制撤去の刑です。



d0032736_15394873.jpg

今日の午前中、キルト芯入りロープを縁にまつりつけ、持ち手を付けて完成です。
「花とチェックで三角&四角つなぎ」   文化出版局 参考



d0032736_1540371.jpg


 内布はレトロな感じの布にしました。



d0032736_15402497.jpg

ようやく作りかけが一つ無くなってホッとしました。気持ちいいです。小太り猫は無理ですが、編み物やキルトの道具を入れるには充分耐えられそうです。
[PR]
by uta-kako | 2006-11-09 15:44 | キルト | Comments(10)

鍋敷き2枚

d0032736_1642418.jpg

少しキルトもどきのことをしたくなり、新しい鍋敷きを2枚作りました。簡単に四角つなぎです。端っこに刺繍を入れてみました。

 d0032736_15313413.jpg
d0032736_15315720.jpg











ミイとムーミンママ・・・に見えるでしょうか?図案は「北欧のちいさな刺しゅう」(ブティック社)より。刺していて、ミイの目ができた時の可笑しさといったら~~!ギロッ!っていう独特の目や眉間のシワがなんともいえません♪
私はムーミンの原作もアニメも殆ど見た事がないので、正直なところ登場人物の名前位しか知りませんでしたが、調べてみると、なかなか興味深かったです。ムーミンの本名がムーミントロールだということ、ミイとスナフキンが異父姉弟であること、ミムラ姉さんなるミイのお姉さんがいて(見たこと無いわ~)、女優のミムラさんの芸名はこちらからとったものだということ・・・。一番ビックリしたのが、ニョロニョロは夏祭りの前日に種をまくと生えてくるっていうこと!種から生まれるんですねー、ニョロニョロって。細胞分裂しているのかと・・・(夢がないかな、これじゃ)。


d0032736_15521325.jpg


日の当たる床にころがる黒い方のおばあちゃん。
[PR]
by uta-kako | 2006-10-10 16:07 | キルト | Comments(9)

初めてのハワイアンキルト

初めて挑戦したハワイアンキルトのバッグがなんとか完成しました。
d0032736_1444541.jpg

素敵な布をたくさん扱っているスワニーさんのオリジナルキットです。実はハワイアンキルトを作ってみたくて・・・というより、偶然見つけたこのバッグキットがハワイアンキルトだった、という感じです。あの、原色やムラ染めの布のイメージが強くてそれほど興味を持っていなかったハワイアンキルト。でも、このキットはアップリケ部分が白、土台布はリネンで落ち着いた色合いですし、ひわまり(これ、そうは見えないかもしれませんが一応「ひまわり」なんですの・・・)がハワイアンっぽくない感じ。これなら作ってみようかなーと思い、スタートしたのですが~・・・。あー、本当に大変でした!特にアップリケ!遠目で見るとアラが目立たないようですが、近くでは見られたものじゃありません。以前書いたように、切れ込み部分が難しいです。ハワイアンキルトで大きなタペとか作られる方ってすごいな~。ボルチモアキルトに憧れていて、いつか作ってみたいなと思っていたのですが、アップリケ、厳しいかも・・・。

さて、クロスステッチもそろそろ始めたいこの頃ですが、9月は実家に1週間ほど帰るのと、道東旅行の予定があるので少し落ち着きません。The Village of Hawk Run Hollowや、一目ぼれしたサンプラーの材料は揃えてあるのですが、冬まで温存しておこうと考えています。クリスマスものも今年はどうかなぁ・・・。クリスマスランナーの残りの布で何か作れればいいな。

d0032736_14331140.jpg


   簡単なステッチを入れたマットを
   作り始めました。
[PR]
by uta-kako | 2006-08-26 14:40 | キルト | Comments(8)

ボウタイのキルト、完成

d0032736_165086.jpg

d0032736_1652337.jpg

ボウタイのキルトが出来ました。ベアーズポーさんのキットです。5月からスタートした90センチ四方のひざかけキルト、刺繍の合間にのんびり作っていたら、だいぶ時間がかかってしまいました。以前の太い(=古い)デジカメで写したので、ちょっとよく判らないかもしれませんが、すごくいい色合いなんです。アンティーク家具なんかに合いそうな、シブ可愛い感じ。家にはアンティーク家具がなくて残念ですが・・・。

d0032736_1635631.jpg裏布用にエンジのギンガムチェックの布が付いていたのですが、これに変えました。Marcus Brothersの布です。

実はこの写真を撮る際、買ったばかりの夫のデジカメを落としてしまい、壊した模様・・・。カチカチカチとアヤシイ音がして勝手に電源が切れてしまう。ど、どうしよう~~。夫は今朝から3泊4日の講習会に出かけたばかり。うう、いつ打ち明けるべきかしら・・・。キルトが出来た嬉しさも、デジカメショックで半分になっちゃったワ(笑)。

遅まきながらADSLが使えるようになり、快適になった私のネット環境。画像が一杯のステッチショップも、サクサク見られます。今日の午後は、夫の昼食作りがないのをいいことにおせんべとコーヒー(←私の昼食・・・。素敵なミクロステッチをなさるMさんは、ご主人がお留守でもとっても美味しそうな一人ご飯をつくっていらっしゃるのに、私は早速、手抜き炸裂・・・。)片手に、ネットをうろうろ。見ていると作りたいものが見つかりますよね~。ん~、我慢できるかしら。
[PR]
by uta-kako | 2005-11-08 16:49 | キルト | Comments(7)

キルティング中

ここ3日連続雨、しかもけっこう激しい降りで、なんだか気分も沈み気味。早くカラッと晴れないかしら。朝晩はついに暖房を入れたり、冬用の布団を出したりしました。隣町の湖にはシベリアからハクチョウが越冬にもうやってきました。

d0032736_14324438.jpgようやくトップが出来たので、キルティングに入っているボウタイのキルト。キットで購入したものですが、付いていたキルト芯がとても薄いものでキルティングしやすく助かっています。キルティングがとても苦手なので・・・。リズミカルにタタタッと出来るようになるにはどの位修行すればいいんでしょうか。 「いい色合いのキルトだね~」と夫にホメてもらい、ちょっと嬉しい。(でも、キットなので私ではなく、shopのセンスがいいのです。ふふふ)


d0032736_14481024.jpg昨日は「ホタテの住民還元日」でした。年に一度、世帯ごとに無料で生貝が頂けるんです。ホタテの水揚量が多いことと、世帯数が少ない小さい町だからできることなのでしょう。一緒に写っているのは貝剥き刀。この辺りのお宅は大抵持っているもので、これで剥くと早いです。町には生貝を剥いて冷凍したり、干し貝柱を作ったりするホタテの加工工場がいくつかあって、そこでもこの刀が使われています。夕べはお刺身と、剥いた貝がらをよく洗って、その中に柱やミミ、キノコなどを入れてバター醤油焼きにしたものを頂きました。
[PR]
by uta-kako | 2005-10-08 15:07 | キルト | Comments(4)

小さいリネンマット

20センチ四方の小さいリネンキルトのマットを作りました。
d0032736_954378.jpg

d0032736_963897.jpg


「今、キルトを作る幸せ」 松浦香苗著 参考。 当初、この20センチ四方を4枚分つなげようと、3枚目の途中まで作ったものの、並べてみるとなんだかイメージが違う・・・。小さいほうが可愛いように思えて、変更しました。トーションレースやレーステープを2種類のリネンに挟み込んであります。一辺ごとにアイロンをかけたのですが、なにせリネンが厚いので四つ角はややもたついてしまいました。
[PR]
by uta-kako | 2005-08-15 09:25 | キルト | Comments(10)

カテドラルウインドウのタペ 完成

出来ました~!カテドラルウインドウのタペストリー。(「パッチワークにシルクと花柄」こうの早苗 文化出版局 参考) 85cm×85cmで、本ではテーブルセンターとして紹介してあったものです。
d0032736_10425482.jpg

d0032736_10444993.jpg
こうの早苗さんはスカラップがお好きとみえて、この本の作品の大半も周囲が丸々・・・となっていて、とても可愛らしい。私はスカラップを作るのが初めてだったので(型紙も無いし)、結構大変でした。ベットカバー位の大きさだとスカラップの「切れ込み」が浅くてもいいんでしょうが、これ位のサイズだと、ある程度深いほうが可愛く見えます。が、深すぎると布を表にしたとき糸がつっちゃうんですね。何かコツでもあるんでしょうけど、この辺の加減が私には難しかったです。

d0032736_10521624.jpg
裏布はこんな。トーションレースを2種類重ねて、ミシンの縫い目を隠しました。

d0032736_10533727.jpg
こんな風に、敷いてみたかったんで~す♪
 
[PR]
by uta-kako | 2005-05-19 11:02 | キルト | Comments(2)

ボウタイのキルト

ひとつタペが出来て(いえ、まだトーションレース待ちですけど)、キルト熱が冷めぬうちに次の作品に入ろうと思いました。キルトをする方なら好きなパターンってありますよね。私の好きなパターンは、おばあさんの花園、オハイオスター、スプール(糸巻き)、ボウタイ、ピンウィール(風車)などです。オハイオスターはずっと前に小さい作品を作ったことがあり、おばあさん・・・は熟成中(このやりかけを進めるべきなのでは、という話もありますが)。残りの3つは作ったことが無いので、この中から何か形にしてみよう、と考えました。あとは、色。カテドラルは水色のグラデーションでほんわかした感じにしてみたので今度は違う感じで。復刻版のUSA布を使ったカラフルなのも最近良く見かけて、かわいいなぁ~とも思うし。なんとなくイメージが固まらないまま、何か参考になるものはないかしら?と、本を眺めたりネットを彷徨ってみると、ボウタイのキットを発見。アメリカンカントリーではないカントリー調で、大人っぽく落ち着いた色合い。写真が小さく細部まではわからないけれど、何かビッ!とくるものがあり、直ぐにオーダーしました。
d0032736_1145659.jpg届いたキットにセットしてある布の色合いを実際に見ると、エンジ、モスグリーン、濃いベージュ、黒・・・と非常にジミ。私が手芸店で見かけても、素通りしてしまう布のオンパレード。もちろん手持ちにもない色合いばかり。土台布もうす~いブラウンです。「・・・これは可愛くなるの?」とちょっと不安に駆られつつも早速作ってみることに。これが、「おお~!いい!可愛らしいゾ!」なのです~。絶妙のシブ可愛らしさ。土台布とのコンビがまた、いいんです。かなり新鮮で、楽しみな作品になりそうです。
[PR]
by uta-kako | 2005-05-15 11:50 | キルト | Comments(2)