あれこれと

カテドラルのタペの窓が全面埋まりました。さて、あとはスカラップを付けるだけ~と、型紙を作ろうとしたところ、あ、あれ?実物大型紙がないよ・・・。このタペはこうの早苗さんの本を参考に作っているのですが、この作品だけ実物大型紙がないようです。今ごろ、気づきました。あわてて仕舞ってあるコンパスを出したり、本を食い入るように眺めたりして、それらしいものができましたが自信がないので試しに一辺だけ作って様子を見ることにします。

ネットをうろうろしていたら、素敵なレース編みの作品を載せている個人サイトを見つけました。ウットリと拝見していたら、方眼編みの作品に対して、「方眼編みは何度編んでも長編みの編み方が悪くて、縦が短くなるので、2段足して編むようにしている・・・」とありました。おおー!こんなに上手な人でも縦が短くなっちゃうんだー!と大変ウレシク、少しホッとしました。(2段足して・・・の意味は全くワカラナイ。いえ、意味は解るけどやり方が解らない。ま、それはおいおい・・・)

気が早い私は、もう「次のキルト何を作ろうかな~」と考え中。そろそろステッチもしたいし、ネットでぬいぐるみ用ジョイントもオーダー済み、と、なんだかあれこれと落ち着かないです。
[PR]
by uta-kako | 2005-05-09 15:53 | その他 | Comments(0)
<< もう少しなのに 方眼編み >>