あこがれのレース編み

手芸、とひとくちにいっても本当に色々な種類がありますね。私は中でも刺繍やキルトを主にしているわけですが、「やってみたいのにどうしてもできない」手芸が2つあります。それは「洋裁」と「編み物」。洋裁は向いてないから諦めよう、とキッパリサッパリしているのですが、編み物関係は全く出来ないのにどうしても諦められない。毎年春になればレース糸に、秋になれば毛糸にそそられてしまいます。もう、3年ぐらい前から「かんたん・・・」「すぐできる・・・」「はじめての・・・」なんてタイトルの編み物本を1冊ずつ購入し、「今年こそ、マスターしてみせるっっ!」と強い意気込みで臨むのですが、あえなく撃沈・・・を繰り返しているわけです。
先日、旭川にいったときも早速本屋さんで「はじめてのレース編みBook」なる本が目につきました。「またきっと出来ないワ・・・」「いやよ、いやいや!それじゃ一生編み物負け犬よ。それでもいいの?kako!」などと、千千に乱れる私の心。結局、その本を購入したのです。
そして昨日、一番最初に載っているフルカラー写真プロセス付きの「円形のコースター」に挑戦!途中、何度も「え~っと、長編みってどんなのだっけ?」「長々編み2目一度・・・???」と、躓きつつ3時間近くかかって出来たはじめて形になった作品がこちら。
d0032736_1432596.jpg
あまりのヘタさに写真も小さく・・・。出来上がり当初は完成した嬉しさに「おだちまくって」いたのですが(北海道弁ですね)、冷静になると、なぜこんなに周囲がフリフリになっているのかしら、と。まるでフリルがついているみたい。(決してそんなデザインのコースターではない。) 小声で「アイロンあてればなおるかなぁ」と口に出してみたら、すかさず夫に「そりゃ~ムリだよーアハハ」といわれてしまった。そうよね、ムリよね・・・。落ち込みつつも、なんとか形になった、という嬉しさでいっぱいの私。あこがれのレース編みの第一歩を踏み出したのであった(大げさ)。
[PR]
by uta-kako | 2005-05-06 14:54 | その他 | Comments(4)
Commented by メルモ at 2005-05-06 16:40 x
レース編みデビュー、おめでとうございます☆
kakoさん、実は私もおんなじ症状に悩まされています。
最近では、去年発売になった雑誌の「おしゃれ時間」の影響で、
ここでは到底出番のない毛糸の帽子をかぎ針で編んでみたり、
近頃流行り?のモチーフ編みも去年の秋あたりからフツフツとそそられて
アンティークのなんとかというタイトルの本をゲット、
また、日本では愛犬用のお洋服の編み本と材料&道具まで。。。
でもいまだにちゃんとしたものはひとつも出来ていません。
レース編みの本もちらほら・・・。
レース編み?系では、一昨年の夏にシャトルを使うタティングレースにも手を出しましたよ。
レース針のレース編みよりも形的にはまとまりやすくて繊細さが出しやすいみたいで
もうちょっと根気を持って習えばよかったな、と後悔気味です。
この冬にはモチーフ編み、してみようかな? ←まだそんなこと言ってます!!

Commented by kako at 2005-05-07 08:02 x
わぁ~、メルモさんも!ちょっと勇気が湧いてきました(笑)。
モチーフ編み、私もものすごーく作ってみたいんです。
昔、実家でコタツ掛けになっていたような、レトロな感じのを
作ってみたいんですよね。
タティング、まとまりやすいのですか?あれこそ、難しそうって
思ってました。編み物も、レースも近くにお教室があればなぁ~・・・
本で独学はなかなか私にはキビシイです。
Commented by メルモ at 2005-05-07 15:06 x
それがね、タティングレースはシャトルと手の動かし方のほんのちょっとのコツを憶えれば
結構まとまりやすくってかっちりといい感じのが出来るんですよ。
もちろん複雑なパターンはいくらでもあるみたいですけれど、
簡単そうなのでもそれなりに見えるのでお薦めです。
聖光院有彩さん著の本がなかなかわかり易いと思いますよ。
この本だけで出来るようになった人もいるほどです。

そちらでしたら編み物のお教室ってありそうですよね、冬が長いですもの。
私もレトロな感じのモチーフ編みのひざ掛け、いつか目指したいなぁ☆
Commented by uta-kako at 2005-05-07 15:59
ほぉ~、ちょっとビックリです。今まで素通りしてきたタティングレース、
かなり興味が出てきました。あのシャトルってどういう構造なのか、も
ちょっと知りたいんですよ。
>この本だけで出来るようになった人もいるほどです。
わあ、いい事教えていただいた!聖光院有彩さんの本ですね。
早速チェックしなくては~。