ウールのキルト

d0032736_1371540.png


d0032736_1382622.png

お正月に繋げていたウールのキルト…パッチワーク?が出来ました。手持ちのウール布のみでどんどん繋げていったら、予定のひざ掛けサイズを超えてベッドカバーサイズになりました。


d0032736_1312333.png3年前の父の七回忌法要の後、母が、ここで一区切りとして父の遺品を整理したい、と言い出しました。その中でウールのパンツ(…スラックスかしらね?)が沢山出てきました。父は着道楽、特に帽子好きでパンツとお揃いの生地でオーダーメイドで揃えたりしていました。そのパンツと帽子を捨てるには惜しい…どうしたらいいかしら、と母が言うので、パンツだけ数本貰ってきました。今回、そのうちの何本かとマフラーをこのキルトに使いました。この写真の2本は余り~また今度何かにリメイクしよう。


d0032736_13485075.png裏布はサイズが大きくなったため、新たに用意しました。マスタード色のプードルニットです。ところどころに布のズレ防止に、ターコイズ色の毛糸でタフティングをしました。周囲はウールのメートラインで縁どりしました。
ちょっと渋可愛い感じになったわぁ~と自己満足しております。


d0032736_13574646.png

寝室にお雛様を飾りました。華やかでいいものです~。
リビングにも飾りたくて、豆雛を探しているのですけれど、好みのお顔のお雛様がなかなか見つからないです。気長に探そう。
[PR]
by uta-kako | 2015-02-11 14:11 | キルト | Comments(6)
Commented at 2015-02-12 17:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uta-kako at 2015-02-13 16:34
鍵コメントさん、見てくださってありがとう!嬉しいです。
キルト、ミシンでバーッと縫い繋いだだけですけれど
とても好みの感じになって満足です。
父のパンツも切っちゃたけれど、そのまま持っていても
しょうがないですし、思い切っていっちゃいました(笑)。
う太のことも、ありがとうございます。
ペットとの別れは本当に辛くて寂しいけれど、一緒にいる間
に充分幸せな思いをさせて貰いました。
Commented by ring at 2015-02-14 10:12 x
おはようございます。
今朝は、晴れていて陽だまりは、暖かですが、風が強く春はまだ少し先かな?って感じです。
う太くん、15歳だったから、大往生だったのかな?
ぽっかり心に穴があいてしまったのではありませんか?
我が家の犬たちもお金も手間も掛かるから時々疲れちゃうけど、かけがいのない物なんですね。
Hに「お金はかかるけど、その分、愛をいっぱいくれている」と言われ、確かに…と思いました。
しかし、人に世話を任せ、名ばかりの飼い主であります。

パッチワークも良いですね。
何も新しい布を買わなくても、思い出の品物で十分ですね。
素敵な思い出が、蘇りましたね。
Commented by kako at 2015-02-15 08:55 x
ringさん、おはようございます。
大型犬の15歳は相当長生きの部類のようです。
一緒に長いこと過ごすことができて、幸せでした。
1日3回散歩に連れて行っていた夫のほうが
しょんぼりしています。
パッチワークも見てくださってありがとう!
母に写真を見せたら、凄く褒めてくれました。
残ったパンツを何かにリメイクしたら、母に
プレゼントしようかな、と思っています。
Commented by マリー at 2015-02-16 16:20 x
こんなにウール生地をいろいろ持っているなんて凄い!と
違うところで感心していましたがお父様の遺品も使われているんですね。
オシャレなお父様!
お母様への素敵なリメイク品も楽しみにしています♪
それにしても大きいぞー(笑)

モッサ君がkakoさん一家をずっと見守ってくれますように◎
自然の中で伸び伸び楽しく暮らしてきっと幸せだったと思います。
虹の向こうでも雪遊びしてるかも(^^)
Commented by kako at 2015-02-18 09:04 x
マリーさん、返事遅くなって済みません!
ウール生地、自分でも結構持ってるなーってビックリ
しました。何に使うつもりだったのか…。
ウール生地って結構場所とるから、仕舞ってあった棚も
すっきりして良かったわ。
う太のこと、優しい言葉をありがとう!
田舎住まいだと、犬を飼うには条件いいですね。
裏庭で存分に走って、1日3回散歩して、で足腰は
最期まで衰え知らずでしたわ。可愛い犬でした。
<< ウールつながりで お別れ >>